比較的安全性の高いレーシック手術

日本国内におきまして、レーシック手術による失明の報告はされていませんが、失敗のリスクが全く無いというワケではありません。
将来的に合併症などの心配を指摘する意見もあり、日本での治療の普及はまさにこれからなのかもしれません。

 

レーシックというのは眼科の専門医によって適正な手術をしてもらうことで、非常に安全に進めていくことが出来ます。
手術を受ける時には眼科専門医で最新の治療機器が充実しており、さらにアフターフォローもしっかりしているクリニックを選ぶようにしましょう。
実際にレーシック手術をした後には、早ければ翌日には視力が回復し日常生活をすることが出来るようになります。
しかし人によってその回復力は様々であり、中には数週間経過した後に視力が回復するという例もあるのでご注意ください。 レーシックに注目が集まってきているその背景には非常に高い安全性というものが第一に挙げられます。
しかしその一方ではまだまだレーザー治療についての不安を抱えている人は大勢います。

 



比較的安全性の高いレーシック手術ブログ:20170521

「倹約遺伝子」が
減量に関係してるって、
みなさま知ってましたか?

倹約遺伝子というのは、
体に蓄えていたエネルギーが不足すると、
炭水化物の代謝を調整するインスリンをエネルギーの代わりとして使う…
というメカニズムを動かすDNAのことです。

太古の昔は、
今のように食べ物が豊富になかったので、
ふつかもみっかも食べられないなんて、
珍しくありませんでした。

そんな非常時に倹約遺伝子が働き、
体に蓄えていたエネルギーを使うようにできていたのです。

ところが、
現代は食生活も豊かになり、食べるのに困ることはありません。

倹約遺伝子をそのまま受け継いでしまった人は、
エネルギー過剰で倉庫は常に満杯状態になっています。
なので、減量がなかなか上手くいかないんです。

しかし、
太る原因は、倹約遺伝子ばかりではありません。

昔の暮らしに比べ、
ストレスや体操不足、カロリー過多の食べる事も影響を与えています。

減量だからと食べたいものを我慢すれば、
それがストレスとなり
かえって食べ過ぎてしまうことにもなります。

ストレスにさらされると、自律神経が乱れます。
自律神経を司る「視床下部」は、
食欲をコントロールする大切な働きをしています。

ですので、自律神経が乱れれば、
食欲をコントロールできなくなり、
ついつい飲み過ぎ、食べ過ぎということになるのです。

減量を成功させるには、
最初に目標を明確にし、現状を把握した上で
減量スケジュールを立てることが肝心です。

次に、日々記録をつけていくこと。
そして、日々の食べる事や生活習慣を見直すこと。
ストレスは上手に発散し、
体をこまめに動かすように心がけましょう!